【うつになるぐらいなら求人を探そう】幼稚園教諭・保育士のエピソード

今日は、私の保育業界仲間の「Aさん」のご紹介をしようと思います。

Aさんは、幼稚園でのストレスからうつになってしまい、保育業界を去ってしまいました。うつ・ストレスはこんなに怖いことなのだと知ってもらえればなと思います。

うつになってしまった幼稚園教諭さん・保育士さんのエピソード
うつになってしまった幼稚園教諭さん・保育士さんのエピソード

地元でも有名な幼稚園に勤務するAさん

Aさんは、その地域であれば知らない人はいない!というくらい有名な幼稚園に就職が決まりました。

歴史もありますし、待遇も良い幼稚園です。Aさんも、Aさんの家族も、学校の先生も、みんなAさんがその幼稚園に就職することを喜んでいました。

私もその幼稚園に見学にいったことがあるのですが、園児数は400名以上と大きい幼稚園ではあるものの、施設は綺麗ですし、幼稚園の先生の教育体制などもしっかりととのっている幼稚園でした。

続くミスと主任からの嫌味に怯える毎日

就職して働きはじめて1週間、Aさんは連続でミスをしてしまいます。良かれと思ったことがミスにつながり、Aさんは自信をなくしてしまいます。また、右も左もわからない中でミスをしてしまうのは仕方ないことでしたが、Aさんは先輩に怒られるのがトラウマになり、いつもびくびくしながら過ごしていました。

そんなAさんに対して、主任の先生からは「なんか笑顔もないし暗い、こっちまでどんよりするよねえ」というような嫌味を毎日のように浴びせていました。

食欲がどんどん減退

ミスが続くようになってしまったAさんは、幼稚園で気を使いすぎるあまり、お昼ごはんが十分に食べられなくなってしまいました。食べようとしても、ごはんを目の前にすると胸がいっぱいになってしまうのです。

いつまでもお昼を食べられないAさんに対して、先輩からの注意はますます増えるばかりでした。

様々な症状が出始める

家に帰っても「明日はミスしないようにしないと・・・」と気をはりつめるAさん。しだいに夜は眠れなくなっていきました。夜眠れない上に、寝付いても早朝に目が覚めてしまいます。昼間は幼稚園でいっぱい動いて夜ねられない、という生活はとてもハードなものでした。

また、そんな眠れない毎日が数ヶ月続いたころ、幼稚園で働いていてもいきなり動悸がしてうごけなくなったり、という不調も出てきました。それでもAさんは休まず、仕事にいっていました。Aさんは「これ以上先輩に迷惑をかけられない」という考えでいっぱいでした。

そしてついにAさんは、幼稚園に行く途中で動けなくなってしまったのでした。病院に運ばれたAさんは、そのまま幼稚園を退職しました。

筆者

長野県で保育士をしています。長野・・・ときくとかなり田舎の印象があると思います。

でも、長野でも都心のように教育にこだわっていたり最先端のデザインの保育園があるんですよ♪

40代、まだまだ現役保育士として頑張ります!

まとめ

Aさんは、「こんな状態になる前に、もっと早く自分のからだを気遣えばよかった」ということを繰り返し話していました。

おかしいと思っても我慢してしまうことがあると思います。特に保育士さん・幼稚園教諭さんは忍耐力がないとできない職業ですから、我慢強い方が多いのではないでしょうか。

少しでも身体の不調を感じたり、働きにくさをかんじたら、まわりに相談するようにしましょう。

~朝起きて、『園に行きたくない。。』と思ったら、それは転職のサインかも!?~

【うつになるぐらいなら求人を探そう】幼稚園教諭・保育士のエピソード

【ダメだと思ったら求人選び】嫌味、いじめ、えこひいき。保育園の園長・主任の裏話

!10月12日更新しました!

このサイトは、保育園でつらいことがあった、保育のスキルで悩んでいる・・・など、助けて欲しい保育士さんのお悩みを相談&解決するベテラン保育士の家です。

さて、みなさんの働く保育園には、どんな園長先生、主任先生がいますか?

保育士さんの悩みのなかのひとつに、上司である保育士への不満が多く見られます。特に多いのが「口ばっかりで全然仕事をしてくれない!」というものです。
自分の仕事に無責任な保育士さんが上司だと、自分の仕事の量もかなり偏ってきてしまいますよね。

日常の業務が多くなってきて残業や持ち帰りの仕事が当たり前になってしまったり、行事のときの爆発的に増える仕事量を全てひとりで抱え込まなくてはいけなくなってしまったり、という状態になってしまいます。

疲れた状態での仕事に当たることになり子供たちにとっても、とても危険です。

こんなに仕事がたくさんの状態なのに、ひどい場合には、なんで期日までに間に合わないの?時間内に終えることができないの?というように、怒ってくる保育士さんもいます。

本当に理不尽すぎる状況ですよね。

嫌な上司の特徴
嫌な上司の特徴

終わらない嫌味発言

3つめがネチネチとした嫌味な発言です。

何か失敗をしてしまったとか、うまくできたなと思って報告した時にも、先輩保育士さんによって返された言葉で、少し気分が悪くなってしまった事はないでしょうか。

もちろん先輩保育士のほうも、わざと言ってしまったと言う訳では無いかもしれません。

言葉の言い回しや、その時のイントネーション表情でそう受け取ってしまっただけかもしれません。

それでも、そんな事は何回も続くと、人間関係がとてもやりづらくなってしまいますよね。

園長や主任の肩書きを持っている以上、そういったコミニケーションにも気をつけて欲しいものです。

またこういったイヤミな発言を諭している保育士さんは、一緒に働く上でほんとに疲れてしまいますよね。

えこひいきといじめ

4つめが先輩保育士によるいじめです。

保育士さんによる保育園内でのいじめは、最近ニュースでも話題になっていますよね。

同僚からだけではなく、園長や主任の保育士先生からいじめられてしまうというケースもあるんです。

肩書がある分、訴えをあげることもできず、そのまま我慢してしまう保育士さんも多いのではないでしょうか。

特に保育園の家族経営だったりすると、ゴマすりばかりしている保育士さんばかりえこひいきして、少し自分が気に入らないなと思う保育士さんに対して、陰湿ないじめを繰り返す園長先生や園長先生の家族もいます。

例えば

自分だけ職員会議の時間を教えてもらえない。
行事の時に、自分だけ仕事をわりふってくれないのに、仕事をしていないとイヤミを言われてしまう。
挨拶をしているのに露骨に無視される。ということがあったそうです。

こんなことをされてしまうと、もうその園長先生や主任先生のことを信頼して、一緒に仕事をしていくのは無理だな、と思う保育士さんもいらっしゃるでしょう。

まだまだ驚くようなエピソードが

「本当にこんな人いるの?!」と驚く人もいるかもしれません。もちろん全ての保育園にこんな園長や主任がいるわけではありませんが、同じ保育園づとめの友人たちの話を聞くと、そんなに珍しいケースでもないようです。【保育士の転職お役立ちサイト】を見ていると、それぞれのケースに対する対処法がかいてありますので、参考にするとよさそうですね。

まとめ

いかがでしょうか。

このような園長先生や主任の先生がいると、保育園全体の雰囲気も悪くなってしまいますし、せっかく採用してきた素敵な保育先生まで退職してしまうことになるかもしれません。

主任の先生や園長先生には、現場で働く保育士さん達の意見をしっかり声上げてもらって、不満や疑問を解消していただき、子供たちが安心して過ごせる保育園、また保育士さんが安心して充実して働ける職場と言うのを作ってもらいたいものです。

あまりにも理不尽だなと思うようなことが多ければ、1人で我慢せず、職場を変えてみる、と言う転職活動を少し考えてみるのも良いかもしれません。求人を眺めているだけでも、ストレスが和らぐというものです。

【ダメだと思ったら求人選び】嫌味、いじめ、えこひいき。保育園の園長・主任の裏話

【限界超える前に求人探し】こんな先輩保育士嫌だ!

保育園業界で多い人間関係トラブル

最近話題になってるのが、保育園業界の中でも女社会なのでいじめがあったり、などの人間関係のトラブルです。

人間関係のトラブルの中でも、1番保育士さんを悩ませている問題が、園長先生や主任先生など、上司との人間関係です。

上司の保育士も、上司である前に1人の人間なんです。

やっぱり人ですから、イライラする時もありますし、そういう時は保育士さんに当たってしまったり、嫌な態度とってしまったり、ということもあると思います。とはいえ、「人間だから」で許すこともできない範囲のものもありますよね。

それでは、保育士さんから寄せられた苦情の中で、これは嫌だなと思う上司の特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

嫌な上司の特徴
嫌な上司の特徴

肩書を利用していばる上司

まず1つ目が肩書を利用するというものです。

園長だからとか、主任だから、という言葉が口癖になっている保育士さんはいないでしょうか。

例えば、

保育園では遅番や早番のシフト勤務をしているところが多いと思います。

誰だって朝早く起きたり、よる遅くまで働いいたりするのは嫌なものです。

そういった「誰もが嫌だなと思うこと」を自分は主任だから!とか、自分は園長だから!ということでやらないというのが、この特徴です。

もちろん、園長先生は保育園の外と連携をとることが多くあるポジションですから、一番仕事の効率がよくなるように早番・遅番の時間ではなく、9~17時で出勤する、という園長先生が多くいるでしょう。主任先生も同様に、なにか意図があってお昼の時間しっかり園にいれるようにしているのかもしれません。

しかし、決められたシフトや出勤時間を守らない、というのはどんなケースでもNGですよね。

「社長出勤」と言う言葉もありますが、園長先生だけ遅くお昼すぎに来るような園長出勤だとか、ありふれた理由をとにかくこじつけてシフトに遅れてきたりだとか、ひどい人だと、自分だけ早番や遅番のシフトに入らないと言うような保育士さんもいます。

当たり前のような顔で堂々と遅刻してこられたりルールを破られたりということがあると、もうこちらも諦めモードになってしまいますよね。

園長先生に注意してもらえばいいじゃない、という方もいると思いますが、こういう「傲慢な上司がいる保育園」では、そもそも園長先生がルールを破ってしまっている保育園がとても多いのです。

そのためルール破りをする主任保育士さんがどんどん増えてきて、新人の保育士さんばかりに負担がかかる、と言う悪循環が生まれている、保育園もあります。

自分勝手で無責任な行動

2つ目は自分勝手で責任がない行動です。

園長先生も主任先生も、保育の中では大きな責任を持って仕事に当たっています。

その責任の所在を明確にするための役職でもあるのです。

例えばその責任の内容とは、子供たちの安全や健康だけではありません。

職員の健康を守ったり、職員が働きやすい職場を作ったり、新人保育士を育成する担当であったりすることもあります。

ま た保育園全体に関わるようなこと、例えば保育方針の決定であるとか、園の行事の決定であるとか、そういうことも仕事になってきます。

その中で入ったばかり の新しい先生たちの教育や育成を全くやってくれない、ひどい場合は自分の仕事を新人の保育士さん達に押し付けてばっかり、と言う保育士さんはないでしょう か。

もちろん保育士さん達が、何か疑問に思うことや困ったことがあっても、相談に乗ってくれません。

嫌な先輩保育士への対応は

いかがでしたか?

しょうがないので新人の保育士さんたちは、他の先輩たちにアドバイスを求めに行ったりしている保育士さんもいると思います。それがバレると、なぜ自分に聞かないんだ!と怒りだす保育士さんもいると思います。

こんなことがあると、いつ誰に何を相談すればいいのかと新人保育士さん達も困ってしまいますし、いつまでたっても正しい答えにたどり着けないということもありますよね。
そんなことがあると保育園の保育の質も変わってきてしまいます。

子どもが好きで保育士になったのに、こんなふうに人間関係について悩んでしまうのは本当にもったいないことです。
今は保育士業界も転職のチャンスと言われていますし、思い切って転職して、環境を変えてしまってもいいのかなと思います。

でもそんなときに気になるのが、転職先の人間関係ですよね。こればっかりは、実際に見学や働きにいってみないとわからないと思います。でも、たくさんある転職サービスのなかには、こちらの→保育士転職のサイトのようにスタッフさんが厳選してレビューを書いているところもあるので、そういったものを参考に選んでみてもいいでしょう。

人間関係の悩みって、保育園以外に勤めている人にはあまり重要さがわからないように感じます。
他の職種の人に相談しても、「そんなことで辞めるなんて・・・」とか、「人間関係を重視するなんて!」と言われてしまったという経験はありませんか?

女社会である保育士にとって、その人間関係の悩みや実態は外からとっても見えにくいものです。「自分がもうちょっとガマンすれば・・・」と悩みを抑えこんでしまうことなく、悩みのない職場に移動することも検討してみてくださいね。

【限界超える前に求人探し】こんな先輩保育士嫌だ!